あなたの街で探す!見つける!【あっと現場】で社員・バイトのお仕事探し|現場のコツ 第三回『作業着サイズの選び方のコツ』

作業着のサイズを選ぶときに、自分にぴったりなのはどのサイズなのかと悩んだことはないでしょうか? 服のサイズを選ぶときには「仕上がり寸法」と「ヌード寸法」の違いを知っておくなど、いくつかポイントがあります。ここでは、作業着のサイズ選びのコツをご紹介します。

「仕上がり寸法」って何?

仕上がり寸法とは「商品を実際に測ったときのサイズ」のことです。もっと具体的にいえば、上衣やズボンなどを平らなところに置いて、各部位をメジャーで測った実寸のことです。洋服にはたるみなどが生じるため、測り方によって1〜2cmの誤差が生じます。

上衣でよく見かける各部位の寸法は以下のとおりです。

肩幅
左右の肩先から肩先までを直線で測ったもの

身幅
左右の袖の付け根(脇側)の間を測ったもの

胸囲
身幅×2

袖丈
袖の付け根(脇側)から袖口の端までを測ったもの

着丈
襟の付け根から後ろの裾の端までを測ったもの

ズボンでは以下のとおりです。

股下
内股の縫い目から裾までを測ったもの

股上
内股の縫い目から前のウエスト部の上端までを測ったもの

ウエスト
ウエスト部、左右の端から端までの寸法×2

ヒップ
尻部、一番幅が広いところの端から端までの寸法×2

渡り幅
股下の位置の太もも部分の幅

裾幅
裾の幅を端から端までで測ったもの

「ヌード寸法」って?

ヌード寸法は「体を実際に計測したサイズ」です。バスト、肩幅、袖丈、ウエスト、ヒップなどを測ることが多いでしょう。

ヌード寸法と仕上がり寸法は当然、違います。通常の衣服でも仕上がり寸法はヌード寸法よりやや余裕を持って作られています。作業着は動きやすい作りの商品が多いので、ほとんどの場合、通常の衣服よりさらに余裕を持ったサイズで作ってあるはずです。またメーカーや商品によってもタイトな作りかルーズな作りかという違いがあります。

サイズ選択の目安は?

以下はS、M、Lなどサイズ選択の目安となる寸法です。上が身長&体重とヌード寸法、下が仕上がり寸法です。あくまで目安なので、実際に商品を購入する際はそれぞれの製品のカタログなどで数字を確認してください。

S
身長155〜165cm、体重55kg以下、バスト80〜88cm、ウエスト68〜76cm
肩幅49cm、胸囲108cm、袖丈51cm、着丈61cm

M
身長165〜170cm、体重55〜65kg、バスト88〜96cm、ウエスト76〜84cm
肩幅50.5cm、胸囲112cm、袖丈54cm、着丈63cm

L
身長170〜175cm、体重65〜75kg、バスト96〜104cm、ウエスト84〜94cm
肩幅52cm、胸囲116cm、袖丈56.5cm、着丈65cm

LL
身長175〜185cm、体重70〜80kg、バスト100〜108cm、ウエスト84〜92cm
肩幅53.5cm、胸囲120cm、袖丈58cm、着丈67cm

3L
身長175〜185cm、体重75〜85kg、バスト108〜116cm、ウエスト98〜108cm
肩幅55cm、胸囲124cm、袖丈58.5cm、着丈69cm

4L
身長175〜185cm、体重80kg以上、バスト112〜120cm、ウエスト104〜114cm
肩幅56.5cm、胸囲128cm、袖丈58.5cm、着丈71cm

サイズを選ぶコツは?

身長と体重の関係や、ヌード寸法で測る各部位のサイズには人それぞれ、違いがあります。身長のわりに体格がいい人はワンサイズ大きいものを、身長のわりに細身の人はワンサイズ小さいものも選択肢に入るでしょう。また綿100%は洗ったときに縮みやすく、ポリエステルなどが入っていれば縮みにくいという点も考慮に入れましょう。

自分にぴったりなサイズを選ぶために最も信頼できるのは何かといえば、これは実際に試着してみたときの感覚=着心地です。着たときに多少余裕があるほうが動きやすくてしっくりくる人もいれば、フィット感があったほうがいいという人もいるからです。

しかし、通販やネットで購入するのであれば、上で挙げた知識をもとにサイズを選ぶことになるでしょう。「自分はL」といった思い込みは一旦忘れて、ヌード寸法を測り、仕上がり寸法を確認して買えば失敗は少なくなります。一度買ってみればそのメーカーではどのサイズを選べばいいのかもわかるので、「まずはお試し」のつもりで最初は安いものから買うのも賢いやり方です。

作業着はいわば現場の“勝負服”です。ぜひ着心地がよく作業がしやすい、自分にとってジャストサイズの一着を手に入れてください。