あなたの街で探す!見つける!【あっと現場】で社員・バイトのお仕事探し|【特集-株式会社シリウス】杭工事のお仕事見学【スマホ版】

株式会社シリウス 杭工事のお仕事見学
今回は私達は、木造住宅地盤改良工事、大型マンション建築杭工事など、様々な基礎工事のプロフェッショナル集団・株式会社シリウスの杭工事の仕事について勉強しました。初心者必見です!

そもそも杭工事ってなんだろう?

建築物を建てる前の基礎工事のひとつで、地盤が軟弱な場合、建築物の荷重を地盤が支えられるように杭を打ち込む工事です。

杭工事にもいろいろな種類がありますが、今回紹介する『木造住宅地盤改良工事』は、地盤の土と、攪拌翼の先端から吐出するセメントミルクを混ぜ合わせ、地中に硬い杭を造る工事です。

ちなみに杭の長さは、地盤により変わりますが、おおよそ5メートルから8メートル程となります。株式会社シリウスでは、この杭をひとつの現場で2日間で合計20〜30本打ち込みます。

それでは、どうやって地中に硬い杭を造るのか、木造住宅地盤改良工事の流れをイラスト付きで解説します。

ステップ1

コラム芯に撹拌装置のセットを行い、所定の深度まで掘り進めます。

ステップ2

セメントミルクを注入しながら掘り進めます。

ステップ3

所定の深度に到達したら、注入を止め定着させます。

ステップ4

混ぜ合わせながら引き上げます。

ステップ5

コラムの打設の完了です。

建築物を支える、困難を乗り越えた先に成長が待っている!

私達の目的は、あらゆる建築物を支える基礎を造ること。まさに建築工事のスタートを担います。だから、現場によって地盤も異なり、様々な困難が待ち受けます。そんな困難を乗り越えられるのは仲間達の存在が大きい、と社員のひとりは話します。
『会社からの強制はありません。自ら協力し合う精神が職人ひとり一人に宿っていると感じます。』
シリウスは、首都圏、大阪、名古屋、九州、仙台と多くの実績に裏打ちされた技術を持っています。しかしシリウスが一番大切にしているものは仲間との絆と感じました。(編集部)

数字で見るシリウスの杭工事職人

『仕事がはじまる時間』
午前8時から
職人の朝は元気いっぱい早いです。工事現場には朝8時に到着するため、場所によって朝早く迎えにいきます。

『仕事が終わる時間』

基本的にその日の作業が終われば、そこが終了時間です。早く終わるのも、この仕事の魅力です。

『仕事を覚えるまでの期間』
およそ1ヵ月
個人差はありますが、シリウスでは見習い期間をおよそ1ヵ月としています。どんどん仕事を覚えていきましょう。

『一緒に働く人数』
2
重機を扱うオペレーターと、手元作業の基本2名で仕事をするのでチームワークが大切です。

『ひとつの現場にかかる期間』
2日間
現場の規模にもよりますが、基本的に1〜2日間でひとつの現場は終了します。いろいろな現場に行けるのも魅力です。

『社員の平均年齢』
25.5
何と言っても、シリウスの杭工事職人は、平均年齢が若いのが特長です。ベテランから若手までみんな協力的です。

株式会社シリウス 会社情報

【会社名】  
株式会社 シリウス

【所在地】
〒115-0055 東京都北区赤羽西1-29-15-1F

【設 立】
平成16年7月2日

【資本金】
1,000万円

【代 表】
渡辺 一寿

【業務内容】
現場造成杭工事
BH工法
アースドリル工法
TBH工法
土木山留工事BH工法
井戸、ディープウェル
地盤改良杭工事
宅盤改良・地盤改良・柱状改良
抑止杭BH工法
調査ボーリング
解体工事
地盤調査

【社員数】
70名

【取引先】
(株)アーネストワン / 住石マテリアルズ(株)/(株)飯田産業 / 中央工業(株)/(株)トーヨーアサノ / 日本建設(株)/ 和真興業(株)他